マスク2枚の真相

新型コロナウイルス, 発言録

経済産業省の浅野大介氏(サービス政策課長・教育産業室長)が拡散希望として、Facebook上で新型コロナウイルス対策で全世帯にマスク2枚を配る件(通称「アベノマスク」)の真相を公表。

200億円かけるならマスク増産ラインでも作ればいいのに、「繰り返し洗濯てきる「布マスク」か「自作マスク」あたりでしのぎたい」=「欲しがりません、勝つまでは」と言いたいのでしょう。

「「布マスク」など今時作ってない」と言いますが、学校給食のマスクなんかは布マスクですし、新型コロナウイルス騒動以前なら家電量販店で普通に売っていましたけどね。(今は流石に売り切れの模様)

マスク2枚の真相【シェアしてほしい話】
エラく馬鹿にされてるこの話。政府マスクチームで関与した身としては、企画の真意が伝わらなさすぎて残念なので、ちょっと解説します(広報がマズすぎで凹む)。
なぜこんなことを企画したか?

・飛沫感染防止のため、マスクはしてもらいたい
・しかし、「不織布の使い捨てマスク」(医療用サージカルマスクも一般用マスクも、実は中身同じ)には生産能力限界がある
・だから、使い捨てマスクは医療機関に優先的に回したい。そのため、僕ら国民一般は、繰り返し洗濯てきる「布マスク」か「自作マスク」あたりでしのぎたい
・ただ、この昔懐かしの「布マスク」など今時作ってない。政府が買い上げる約束でもしなけりゃ、メーカーは怖くて何億枚も作らない。だから政府買い上げの形で発注する必要があった(200 億払う理由はここ)
・また、配布のときに行列ができて感染クラスターをつくる恐れがあるから、日本郵便の全戸無差別配達サービスでやるしかない (輸送費かける理由はここ)
・なお、平均世帯人数は約2人。個々の世帯人数に合わせて丁寧になど配れないし、まずは2枚配るのが精一杯だから、まず2枚。

もちろん、 「オレ要らない」って人もいるでしょう。
そういう方も、ひとしきり文句垂れていただいた後は、「2枚では足りない、もう1枚欲しい世帯」に隣近所で融通するとか、そういう地域市民社会の機能回復にぜひつとめていただけましたら、、、日本の社会ってそういうの苦手じゃないはずだとおもってますんで。

Facebook(経済産業省 サービス政策課長・教育産業室長 浅野大介)

経済産業省 商務・サービスグループ
サービス政策課長(兼)教育産業室長
浅野大介

2001年入省。資源エネルギー(石油・ガス)、流通・物流・危機管理、知的財産、地域経済産業、マクロ経済分析等の業務を経て、2015年6月より資源エネルギー庁資源・燃料部政策課長補佐(部内総括)、2016年7月より商務流通保安グループ参事官補佐(大臣官房政策企画委員)として部局再編を担当し、教育サービス産業室(現:教育産業室)を立ち上げ。2017年7月より大臣官房政策審議室企画官、10月より教育産業室長を兼務。2018年7月よりサービス政策課長に着任。教育産業室長は引き続き兼務。